ロルフィング体験談3

1.ロルフィングRootsについてはどこで知りましたか?

 

まず、筋膜リリースセミナー講師として大橋さんの存在を知り、Rootsのホームページでロルフィングにたどり着きました。

 

 

2.ロルフィングを受ける前の悩みや感じていた症状、またはこうなりたいという目標は何でしたか?

 

日々、心身共に疲れやすくなり、日常の何気ない動きの中で、ふらつく事が増えていました。また、長年続けていたスポーツのパフォーマンスも年々低下していました。

仕事柄、ここでこういう動きができれば良いのに、という自己評価はある程度できるので、苦手な部分に対してトレーニングはするのですが、いざという場面では、染み付いた癖が強く出てしまい、基本的な問題の克服にはなりませんでした。

関節や筋肉だけでは解決しきれない理由があるはず、と感じ、もう一度自信を持って動ける体になりたい、という想いを大橋さんに託しました。

 

 

3.ロルフィングの10シリーズを通して、解決できたこと、感じたこと、気づいたこと等はありましたか?

 

頭から足の先までの繋がりを感じられ、日常生活の中でバランスを崩すことが随分と減りました。自分自身でじっくり観察してみると、ふらつきそうな時、早めに立て直す反応を身体が勝手にやってくれているのがわかります。

趣味のサーフィンは、10シリーズ終了後に1年のブランク明けで再開しました。これまでしたこともないような良い動きが咄嗟にできたりすることが驚きで、まだ、脳と新しい状態の身体がマッチしきれていませんが、そこが統合されてきた時の伸び代を想像すると、楽しみで仕方ありません。

動きの部分以外では、以前よりかなり疲れにくくなりました。

以前は、仕事の後はすぐに横になりたいほどだったのが、今では帰宅後に筋トレできるほど、体力・気力が出てきています。

また、自律神経が整ってきたのか、精神的な緊張をコントロールしやすくなった事にも驚いています。2〜3ヶ月に1回のペースで、片頭痛発作が3〜4日続くのですが、ロルフィング開始から半年以上経ちましたが、今のところ2日ほどの軽い頭痛が1回あっただけです。

ほかにも、細かな部分をあげるときりがないほど変化を感じていて、それは、自身の身体をモニターし、自動的に調整する能力が上がった、という事なのだと思います。

 

4.一番印象に残っているセッションやワーク等は何回目、またはどのワークでしたか?

 

セッション6の後、「脚の形がまっすぐになった」と感じましたし、実際に鏡で見ても、まっすぐになっていて、自分の身体とはにわかに信じがたいほどの感覚的な変化でした。

リラックスしているのにしっかりとした支えと、今までとは別次元の接地感は衝撃的ですらありました。歩いているときも、ねじれが修正されて関節が違う動きをしているのが実感でき、日中の疲れも忘れてどこまでも歩ける気がしました。

 

 

5.ロルフィングを勧めるとしたら、どんな方に勧めたいですか?

 

「これがいいから」という定型的な型に閉じ込めるのではなく、その人が持っている動きやすさを引き出してくださります。私も医療現場で人の身体回復に関わる者ですが、ここまで頑張らせずに、良い変化を引き出せる手法を他に知りません。

子供の成長発達の助けに、一般の方やアスリートの身体ケア・パフォーマンス改善、身体的障害を抱えた方の機能回復等、あらゆる方にお勧めしたいです。

 

6.最後にご意見、ご要望等ございましたら是非お知らせください。

 

クライアントとして身体的な問題を解決していただくだけでなく、癒す側の人間としての在り方も学ばせて頂きました。人の身体が癒えることで、その人に自信や希望を与え、それが意欲へと繋がっていくという、人生の再建への足掛かりを、身をもって経験できたことは、今後の仕事においても一生活かされていくことと思います。

人生に影響する貴重な経験をありがとうございました。

これからは定期メンテナンスのほう、よろしくお願い致します。